人身事故と物損事故

車を運転している人、あるいはそうではない人であっても、誰にでも可能性があるのが「もらい事故」の可能性です。
これは、自分自身が原因ではなく、相手方の原因によって事故に遭遇してしまう、ということを指しています。
このもらい事故が発生した場合に注意するべき点の一つとして「事故の扱い」をどうするのか?ということが挙げられます。


事故を起こしたドライバーや、その保険会社は、その事故を「人身事故」として扱うのか、あるいは「物損事故」として扱うのかによって大きく賠償の内容などが変わってきます。
もちろん生身の状態で事故にあった場合には人身事故となりますが、車に乗っている状態で事故にあった場合、本人に問題がなければ物損事故として扱うことも可能です。


もちろん、この場合でも大きな怪我や死亡などに至った場合には人身事故との扱いとなりますが、ごく軽い症状の場合には人身事故ではなく物損事故にしてほしい、と加害者側から打診があることがあります。
では、何故加害者側は人身事故ではなく物損事故として扱ってもらいたがるのでしょうか?そこには、人身事故と物損事故での加害者側に対する責任の違いがあります。


まず最も大きな違いの一つとして、人身事故は「刑事罰」および「行政処分」の対象となることです。
逆に、物損事故であれば、住居やお店に追突した、という場合をのぞいてこれらの対象とはなりません。
そのため、車を運転することが仕事に含まれている人は特に物損事故にこだわります。


[管理人推奨外部リンク]
人身事故でも物損事故でも交通事故を起こしてしまった、または起こされてしまった際にサポートをしてくれる弁護士事務所のサイトです ===> 交通事故